FC2ブログ
私達 ケアマネージャーは日々の業務でご利用者のご自宅を訪問させて頂きます。
大勢のご利用者の中には 多彩な趣味をお持ちの方やご家族がいらっしゃいます

素敵な作品に出合い、ご利用者やご家族から作品に関しての思い出などを聞かせて頂くと心が温かくなりその作品の持つパワーを分けてもらう事も度々・・・  今回は出会った作品の中から2つの作品を紹介させて頂きます

まずはT様宅で玄関先に飾っておられた作品から・・・
さおり1

これは「さをり織り」と云う織物でお孫様が作製された作品です。お孫様はダウン症で作業所に通いながら
お母様と京都市三条まで「さをり織り」を習いに行っておられるとの事。
色合いがとってもきれいなので糸の色の決め方を伺うと、お孫様がその時に感じるままに織っておられるのだそうです。感性が光る 世界に一つしかない素敵な作品です
T様のお誕生日にはマフラーのプレゼント 「派手なので・・・」と恥ずかしそうに見せて下さいました。さをり織り1

お孫様からのお祝いの気持ちと「さをり織り」の持つ豊かな風合いに心が温まりました

続いての作品紹介
H様宅にご訪問。かつて趣味で沢山の木工作品を作られ小さな子供達に‘ウッディメイト‘として
木工を教えておられた程の腕前でご自宅には制作に使う機器が沢山揃っています。
その当時のお話や作品にまつわる思い出を色々とお話し下さいます

かなり沢山の作品の中から2品をピックアップ!!

組木工で十二支。小さな十二支が組み合わさってパズルの様な形となっているんですよもちろんケースも手作りです。手前の木の葉の木製皿は彫の丁寧な上品な作品です。
十二支
次は木工玩具。糸で操作すると上に登っていく仕組みです。小さな子供さん達が喜びそうな可愛い色合いの玩具ですよね。隣は小枝や切り株の感じが自然の美しさを感じさせてくれますね

木工人形

それぞれのご利用者、ご家族、ケアマネージャー・・・
介護が必要な立場、介護をする立場、双方が無理なく生活ができるように介護保険の利用を
コーディネイトする立場。立場は違えど「綺麗だな。素敵だな。」と感じる気持ちは
皆 一緒ですよね


掲載写真は全て ご本人、ご家族のご了解を得て掲載しています。


スポンサーサイト
2013.02.28 Thu l 居宅介護支援 l コメント (0) トラックバック (0) l top